航空券とは

航空券とは、旅客機に搭乗する際の切符であり、航空会社の運送約款に基づいて乗客に対し発行される有価証券です。航空券には搭乗する人の氏名や搭乗区間や便名、座席等級、適用する運賃金額、有効期間などが記載されています。全席指定席もしくは自由席の航空券は、航空機に搭乗する際は搭乗手続きを行い搭乗券に交換し、搭乗券には座席番号や搭乗ゲート番号なども記載され、国内線の航空券は航空券と搭乗券が一体になったものが使用されています。航空券と搭乗券は、最近は一緒になっているのものも多くありますが、航空券は英語でAirTicketというように切符であり、搭乗券はBoardingPassといい、いわゆる通行証です。記名式であることが特徴で、券面に記載された人以外は使用することができません。また、記載された区間以外は使用できず、一つの旅程で航空券が複数枚ある場合は、順番どおりに使用しなくてはなりません。また、多くの航空会社では同一旅程の複数区間のうち一区間でも搭乗しなかった場合は、その区間だけでなく残りの全区間も無効とする規則を適用しています。一般的に普通運賃の航空券は、購入期限や発売場所、有効期間や有効便、選択できる座席の範囲や販売座席数、空席時の優先の扱い、予約変更や払い戻しなど利用条件に関する自由度が高いのですが、割引運賃の航空券は割引率に比例して自由度が低下しますので、予約する際には十分な注意が必要です。